2017.6.24-25 1プレ② 男体山

蝉が鳴き始めました。夏です。

さて一か月前ですが、6/24,25に日光男体山に行って参りました。

メンバーはCLはタグ、SLそのぴー、柴ちゃん、あんじー、コスコス、まっつん、あさのちゃん、ゆーき、ナカセンでした。

 

ルート 白糸滝駐車場—唐沢避難小屋—女峰山—唐沢避難小屋―馬立―志津乗越―男体山―二荒山神社中宮

 

さあ、工部から出発して日光に向かいます。途中、ホームから携帯を落とすというアクシデント発生。救出できたみたいで良かった良かった。そしてなんとか日光に到着。ふぅ、遠かった。

 

朝、出発して女峰山へ向かいます。去年同じルートを行ったときヒルに襲われたので警戒していたのですが、それは杞憂に終わりました。ヒルは嫌いだー。ですが、傾斜がキツイ上に荷物が重い。地獄かここは。避難小屋までは、なかなか変化に富んで面白い道でした。笹原、草原etc. 飽きることはありませんでしたね。

 

タイムリミットが迫る。これを過ぎたら避難小屋で一泊することになります。歩荷で荷物が重いのでペースが落ちてしまい、きついものがありました。ということで、避難小屋で一泊します。時間も早いということで女峰山山頂までピストンすることになりました。

 

山頂までがガレ場ばっかりの道でこれがなかなか厳しい。100mぐらいのガレ場。ここで落ちたら無限に下に転がっていきます。荷物も重い。なんか崩れやすい。やっとのことで山頂に到着。ガスっていたので、なんも見えませんでしたが達成感はありました。引き返して避難小屋に帰ります。

 

CLが小屋の宿泊者と交渉して我々も小屋に泊まれることになりました。やった! つーことで夕食を作ります。その間、歩荷用の女峰の冷水を汲みに行きました。体に染み渡るっ……! 湧き水おいしかったです。

戻った時には夕食ができてました。今夜はマーボー春雨と炊き込みご飯……。うまいっ……!圧倒的うまさっ……!

「たまらねえ…箸がとまらないっ……」

 

やはり小屋泊は快適であった…。だが、そこに轟音響くっ……!サラウンドないびきでした。

朝、ヘッデン行動で出発します。雨も降りだし絶望的っ…!その上、林道が長い…圧倒的長さ…! 「だが…進むしかねぇっ…!」

男体山を登り始めると晴れ始めた…。強運っ…!なんという強運っ…!やっと着いた!山頂につく頃には晴れ間が広がりました。なんか山頂に剣が刺さってるし。

下りがまぁ大変でした。迫る時間。歩きにくい道。疲労。極限でしたね。

ゴールは二荒山神社境内、達成感が半端なかったです。「帰ってきた…帰ってこれたんだっ……!」

帰りは駅近くの温泉に寄ってきました。至福っ…至福のひと時っ……!

 

byそのぴー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です