2019.5.18-19 教化①丹沢 げんきP

こんにちは。ブログでは初めましてですね。SLの樋口です!

今回は新入生に農工大ワンゲル流を教える山行として丹沢山塊へ行ってまいりました ー。

さてさてメンバー紹介ですが、、今回はなんと!工部のほうが多いんです!!珍しくないですか!?これは日ごろの部会を工部のL0012で行うべきだー!!(関係ない)
はいはい紹介しますねごめんなさいね(´-ω-`)

CLはクールに見えて無気力(?)写真を撮ろうとするとポーズを決めてくるあざといイケメン げんきさん

そんな細いのにどこにそんな体力があるの? 影の体力モンスター かっつん

実は今回の山行で誕生日!一年生を差し置いて主役と化したキュービスト まっきー

今回、丹沢で教化の洗礼を受けた一年生は…

岩壁にすべてを捧げるもの、体力モンスター枠確定、え?テント持ちたいの? エミリー

今回農工大ワンゲル初山行。高校での知識を生かすぞ! ひかる(なんかあだ名考えようね…)

それとSL樋口でお送りいたします。てかさ、、CLとSL以外はみんな高校で登山の経験があるんだよね…。心強いのと同時になんか緊張した…。

 

当日発、いいね!相模湖駅からバスを乗り継ぎ焼山登山口バス停へ

バス停に塩やら蛭(ヒル)忌避剤が置いてある、、、さすが丹沢 言わずと知れた蛭の山。 実は私、大の虫嫌いなんです。忌避剤も塩も自前で持ってきた…。うわ…ヒルやだ…会いたくない…

そんなこんなで隣の野郎パをお見送り、いってらっしゃーい(‘-‘*ゞ
野郎パを追いかけてこっちも登るぞーと意気込んだ矢先、なんか雨が…えぇ…

そして登って気付く。なんか登りしんどくね?まっきーは早くも個装のチョコを食い尽くす。

そんななか見つけた灯篭?穴がハートだね♡

さらっとエミリーがお楽しみのビタミン飲料を出す。やっぱ持ちたがりなんだね。うんうん。

雨はヒルを活性化させるッ…! ビクビクしながら歩いていたら見かけることなく黍殻山避難小屋へ。(正確にはかっつんが見かけたそう。)

避難小屋には先着の野郎パが!おひさ! 先にお昼を食べてたみたい。こっちもお昼だー!!


ん? かっつん何そのポーズ
まだまだ謎の多いかっつん これからの報告に期待しましょう、、、

お昼ご飯はホットドッグ、カル〇ファーフライパンが火を噴くぜぇ!!

いい笑顔! 写真撮らせてくれるのは中村の優しさよ。

そしてここでお楽しみ。私のホットケーキとかっつんのクリームとミックスベリーで…
マッキーの誕生日ケーキ!!! 二十歳だね!!やったね!!

何個も焼いたのでみんなで食べました(〃 ̄ー ̄〃)

そんなこんなでテン場へ移動。さあ一年生よ、ラジオを聞いて天気図を書くのだーっ!

わあ、なんか余裕そう。それもそのはず経験者。

エミリー「私めっちゃ天気図の点数よかったんですよ!!!」

中村「あー、高校のときにやりましたね。大会で採点されるんですよー」

さあさあ作るぞ晩御飯。今日はカレーだー! え?ありふれてる?チッチッチ(* ̄∀ ̄)”b” いつものカレーとは一味違うんだなぁ~。ちょっとお高いジャワカレーと…
見えます?葉っぱみたいなの(いや葉っぱだけど)。ローリエ入れてみたんですよ!わあ♡ 本格的♡

明日のピークハントに備えて。さあ明日はさっそく丹沢山塊最高峰だ!

 

起床~。やっぱり天気は微妙かな…。先行する野郎パを見送ってしゅっぱーつ

先の見えない階段地獄、<蛭ヶ岳0.4 km|←この看板なぜか四つもあるんです。謎。

まあ なんやかんやで蛭ヶ岳に到着、、あぁ、ガスってるーーーーー!!真っ白。なんも見えねぇ。

丹沢山への稜線を見ながら歩きたかったのに…  まあしょうがないね。レイン着るよりいいもんね。

雲の切れ間から時々見える稜線と登山道、そして木段。丹沢山への途中でちょっとした岩場が、といったもののそれほどのものではなく。エミリーは残念そうだったね…。

そして百名山 丹沢山に到着! お楽しみでジュースやお饅頭、わーい体力を回復だー!
げんきさん「どっちがかわいい写真になるか勝負しようぜ~」

あざといCLのピーク写真。なんというか、、”わかってる”感じですよね?

ただ、、やっぱ真っ白。ちょっと青空が見えたりしたけど景色は見えない。でもレイン着るより(略

さあ。最後は塔ノ岳へ。どんどんすれ違う人の数が増えていく、、、さすが人気の山だなあ

トレイルランナーも多く、すれちがいに気を張ってました。だからあんまり記憶に残ってない(笑)

はい、到着。塔ノ岳。めっちゃ人いる。しかもどんどん登ってくる。大倉尾根のほうから…。

こちら山頂でポテトチップスを飲むエミリーでございます。お納めください。野郎パは遥か先を行っているのか?私たちは大倉尾根を下っていく、、、

うーーーん段差☆段差☆ 膝にも筋肉にもビシビシ来る…。そしてすれちがって登っていく人々、、え?多くね?すっげーな、こんないるとは知らなかったよ。

段差に翻弄されながらも無事に下山。お疲れ様でしたっ。

翌日、大倉尾根のせいですさまじい筋肉痛に襲われた樋口がお送りしましたー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください