07.30 FW高尾山

錬成合宿のトレーニングとして高尾山から景信山に行ってきました。メンバーは、さのっちさん、やーしゅんさん、ざったん、しば、です!

高尾山は標高599mと低く、ケーブルカーもあるので様々の人が登山しており、年間登山者数は世界一です。そんな人気な山に朝6:45から登り始めました。期末テストがあったため、山に登るのは二週間ぶり。そして鍛えるためにそれぞれが重い荷物を持っているので、少し歩いただけで疲れる、疲れる。しかし、最大の敵はなんといっても暑いこと!!!熱中症にならないようこまめに水分補給を行いながら山頂を目指しました。そんな中やーしゅんさんがお楽しみで、凍らせた飲むブルガリアヨーグルトを出してくれました。冷たくて美味しかったぁぁぁー!!みんな自然と笑顔なりました。歩きと休憩を含め1時間50分で高尾山の山頂に到着。4人でピーク写真撮りたかったのですが、人がいな過ぎて断念。そのため3人の写真↓です。罪滅ぼしとして、さのっちさんの写真は最初に載せました。少し長めの休憩の時にみんな口を揃えて言ったことは、「高尾山意外と大変」であった。IMG_4692

城山に向けて出発。たくさんの階段が続くコースで足がガクガクしている中、猫ちゃんに遭遇!!!写真を撮ってもびっくりしないのでかなり人馴れしている様子。昆虫もたくさんいるため、登山者の中には大きな網を持っている人もいました。城山到着。写真撮るの忘れてしまった。。ここでさのっちさんからのお楽しみでトルティーヤ食べました。私は食べなかったけど、みんな美味しいと言ってました。

IMG_4689

景信山に向けて出発。アップダウンの道が続く。だんだん口数が減る。山頂近くで急登が現れる。2000m級の山に出てきそうなほど急で、息切れしながら登りました。そして景信山到着。大きなお店があるものの、平日のためかやっていなかった。休憩している最中、さのっちさんが雷のような音を聞く。確信が持てず飛行機の音と判断して下山を開始する。IMG_46831

歩き始めて少し経つと、雨と雷が現れる。やっぱりさっきのは雷だったのか…。エスケープでバスに乗ろうという判断をするが、バス停の方向はまさに雷が鳴っている方向であったため、城山まで戻ることに。雨と雷が強いので城山茶屋で雨宿りをしました。城山に戻るには上るため、雷に打たれるリスクが高くなるのでは?と判断に苦しんだ。 とさのっちさんがこの時教えてくれました。茶屋の人と山の話に花を咲かせている間にすっかり雨と雷が止み、下山を再開。大学受験の思い出を話しているうちに、高尾山の山頂に到着。時間的に厳しかったため、このあとケーブルカーで下山しました。

今回この山行でたとえ低い山だとしても急に天候が変わる事があるため、それを考慮したエスケープルートを考える必要があるということが分かりました。そしてやっぱり雷は怖いっっ!!!!ということを再認識した山登りであった。

文責 しばやま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です