2022.11.26-27 FW丹沢 (矢尾P)

こんにちは!ヒーターとこたつと二重マットのおかげで実家より居心地の良い農部室でブログ執筆中、2年矢尾です。11月26、27日に、今年最後の無雪期縦走として丹沢に行ってきたので、忘れないうちにブログ書きます。先輩たちの書くブログを読むのが好きなので正直先輩にお任せしたいところですが、これもリーダーのお仕事、頑張って書いていきます。

まずはメンバー紹介から!

CL最近ワンゲル楽しすぎて困ってます。2女やお

SL今年一番一緒に山登ってくださった大好きな先輩、3女りか先輩

いつもにこにこ笑顔の体力お化け女子代表、3女まな先輩

体力お化けかつコミュ力お化け、しかも頭良くて成績もいいらしい・・・って最強すぎませんか!?3男かがみ先輩

山で疲れたり滑ったりしてるところを見たことがない、ワンゲルの軽音代表かつ優しさの塊、3男りく先輩

山の知識も体力もすごすぎる!口は悪くても実はかなり優しい3男まつばら先輩

もともとメンバー少なかった今回の山行に参加決めてくださって大感謝です!!3男やまね先輩

最近入部して今回が初めての山行、兼部しまくり多忙な2男、けんたろうくん

ワンゲルって頭おかしい人多いけど、CLはこの子が一番ネジ外れてると思う、1女ありせ

以上9名!3年生多!これで引退前最後の無雪期縦走になるかもとのことで、3年全員参戦してくださいました!(これで最後にするつもりはないですけど)もともと女子4人だけの小パーティーになるかもだったので、CL大歓喜です(∩´∀`)∩ワーイ

それはそうと1、2年ノリ悪くない?笑

それでは記録始めていきます!今回の山行1日目が歩荷山行になった経緯から。

~山行日数日前~

宿泊予定の青ヶ岳山荘(ワンゲルでは珍しい小屋泊です!)の小屋番の方よりCLへ電話。「300円/1ポリで歩荷のアルバイトをしていただけませんか?」と、願ってもないお話。

錬成では必要のないポリを何本も背負って山に登っていたワンゲル部員、歩荷でお小遣い稼ぎができるならと全員喜んで(?) 歩荷山行を決めました!男子9ポリ、女子5ポリ。計40ポリの上限がなければもっと持ちたかった、、、。

~1日目~

CL6:40頃起床。

・・・あれ、出発時間って6時半・・・初っ端から完全にやらかしました。CLが寝坊で遅刻とかありえない。とりあえず猛スピードで支度して、苦渋の決断でしたが家の前からタクシーで新松田へ。バスの時間があるから絶対に遅れるわけにはいかないんです。

8:20ぎりぎりでバスに間に合い他メンバーと合流。寝坊の代償は3万(泣)。ご心配おかけして申し訳ありませんでした。

9:50西丹沢ビジターセンターに到着。雨が降っていましたが、午前中で止むそう。出発準備して、楽しい楽しい歩荷(、、、と言えるほど重くもないですが)スタート!

11:00ゴーラ沢出合着。ここまでで雨は止んでいました。初めの渡渉を全員難なく渡り、少し休憩。一日目のゴールである檜洞丸山頂の青ヶ岳山荘まで1000m以上登るはずなのに、ここまでほぼ平坦な道。ここから急登か、、、。

再出発してすぐ二つ目の渡渉、ここでまな先輩がダイブ!靴の中までびしょびしょに。寒そう。

12:20眺望のない展望台にて一本。時々冷たい風が吹くから、止まってると寒い寒い。

道中、「1ポリ300円は安すぎるだろ。」ぶつくさ言う先輩方。南アルプスの天然水指定で、水を買うお金は自分らで持つので、実質1ポリ200円程度。確かにアルバイトとしては格安ですが、そのお金を宿泊費から差し引いてもらうと一人当たり1000円以上も安く泊まれるんです!歩荷バイト最高じゃないですか!

14:00檜洞丸着。特に急登という急登もなく、だらだらしゃべりながら歩いてたらあっという間についてしまった一日目のゴール。歩荷楽しくて、ずっとこの登りが続いたらいいのになーとか思いながら登ってた記憶があります。ただ寒かったので、初の小屋泊ということもあり小屋が見えてみんなほっとしてた気がする。

小屋にて頑張って運んできたポリを開陳。なかなか壮観でした。

16:30夕飯作り開始。メニューはすきやき!締めにはもち!と今日は年越しでしょうか。

食後はトランプしてウノして星見て(かなりきれいに見えました!北斗七星、オリオン座、カシオペア座くらいしか分かりませんが。)、のんびり過ごすこの時間も、泊り登山の醍醐味です。

8:30就寝。ああ、まだ全然寝たくない。てか早く蛭ヶ岳に向かって歩き出したい。うずうずする気持ちを抑えて布団に入りましたが、布団気持ち良すぎて即寝。明日も楽しみです。

~2日目~

2:00起床(蛭ヶ岳で日の出を迎えたかったので、錬成並みの早起き。しかも10時間行動。)

朝からわくわくが止まらずにやにやしながら身支度するCLと、まだ眠いらしく死んだ顔の先輩たち。元気出してくださいよ!ほかの宿泊者の方々がまだ寝ているので、静かに朝食も済ませて3時前に出発。

昨日よりだいぶ荷物が減ったので、かなり身軽。所々とげとげの草が生えているので、チクチク刺されながら進みます。木の隙間からずっとオリオン座が見えてきれいでした。

途中まつばら先輩が「前いなくね。」と。ちょっとのんびりしすぎたようで、気づいたら後ろ3人引き離されてました。ペース上げてすぐに追いつきましたが、CLはけっこう息上がりました。終始余裕顔の先輩二人には石でも積んでもらいたい。

蛭ヶ岳山頂手前で振り返ると新雪被った立派な富士山!一日目の雨の時あちらでは雪が降っていたみたい。かっこいい!!

6:00蛭ヶ岳着。日の出まで20分くらい。ベストタイミングです。りか先輩のペース配分はいつも最高です。日の出が近づくにつれて蛭ヶ岳山荘からぞろぞろ人が出てきてびっくりです。山頂はなかなかの混み具合。

6:20日の出。ばっちりきれいです。見回せば南アルプスや八ヶ岳、今年定例で登った山が雪をかぶっていて、あれみんな登ったんだよなーって感慨深く。来年は剣行きたいし、長期泊もしたいです!

6:40ゆっくりしすぎました。気づけば山頂には自分らのパーティーのみ。寒すぎるし、ピーク写真撮って再出発。次のピークは丹沢山です。

富士山を眺めながらの稜線歩き。途中、死人顔で歩荷しているどこぞの大学の山岳部らしき方々とすれ違いました。こういうとき、空のデカザックを背負っているとなんだか申し訳なくなります。

8:40丹沢山着。ここでもかなりのんびりしました。歩くペースは速いのに、ピークのたびに写真撮りまくるのでだいたいコースタイム通り。FWなので、ゆっくり行かせてください。

3年
1、2年

9:10丹沢山を後にして、最後のピーク、塔ノ岳を目指します。

10:10塔ノ岳着。って、人多!塔ノ岳ピストンで登る人が多いようで、何かのステージみたいに人(が)ゴミ(のよう)でした。

ここから登山口まで標高差1000m以上、バカ尾根と呼ばれる尾根を下ります。すれ違う登りの方々、みんな死人顔。

11:40堀山の家着

CL(人多いし、スルーでいいかな、、、)

SL「えみかちゃん、休憩するよね??」

CL「あ、はい、休憩しましょう。」

視線に圧を感じたので。

写真じゃ分かりませんが、男子3人、背中からほかほか湯気が上がっててツボでした。

ジブリキャラの顔パネル

十分きっかり休んで、再出発。

途中、紅葉がすごくきれいでした。

12:30見晴茶屋着

SL「休憩いる?」

CL「スルーしましょう。」

ここは通過。

13:00観音茶屋着。ここでCL2度目のやらかし。

CL「ここのプリン前来た時すごい気になったんですよねー。」

かがみ先輩「あ、ほんとだプリンある。買ってっちゃう?」

ここでは振り返らず黙々と進むSLりか先輩。あーどうしよ。すぐ追いつけるだろうしプリンだけ買ってしまおう。ということで、最後尾のCLとかがみ先輩はこっそりプリン購入。それだけならよかったものの(良くない)モンベル会員はコーヒー一杯サービスとのことでコーヒーも注文。これがけっこう時間がかかる。やばいな、置いてかれる、、、。と思ったら意外と早く後ろが来ていないことがばれていたようで、まつばら先輩が戻ってきて「まじかよ。」と。前の人たちも待ってくれていて、追いついた私たちに呆れ顔。ごめんなさい。そこから下山口のバス停まで、ひたすら小さくなって歩きました。CLなのに勝手に列を離れて迷惑かけたこと、猛省しています。ほんとにごめんなさい。

バス停につくと、30分に1本程度のバスがほとんど待たずに到着。いいタイミング!10分程度バスに揺られて渋沢駅に着いたら、電車に乗り換え鶴巻温泉駅へ。山の後は温泉です。(#^^#)

温泉で出会ったおばあさんに、何やらありがたいお話をたくさん聞いた気がしますが、今覚えているのは長野県の阿智村という場所の話。日本一きれいな星空が見られるそうです。行ってみたい!

温泉は意外と女子のほうが早く、集合時間ぎりぎりで出てきた男子勢と合流して再び鶴巻温泉駅へ。何度か乗り換えて、17時過ぎに東小金井に帰着。電車の中はいつも通りの風景。ここで起きていてみんなの写真を撮るのがまた楽しいのです。

工部にて団装を片付けたら、夕飯は元気食堂で。これもいつも通り。食べ飲み放題したかったCLとかがみ先輩は多数決に負けてすこししょんぼり。今度みんなで食べ飲み行きましょ!

そのあとも、カラオケ行きたいCLと、止めるけんたろうくん、間で迷うありせの間で一悶着。月曜締め切りのレポートがあるんです。先輩にも止られたので、あきらめて帰りました。

でも分かりますよね?楽しいことがあったあとの帰りたくない気持ち!山の後はいつも、バイトと勉強とレポートに追われる現実に戻るのがつらくなるんです。そのくらいワンゲルは、楽しくてしょうがないんです!

以上、一泊二日の丹沢山行、お疲れさまでした。

検討員、承認員やってくれた先輩方やOBの方々、ありがとうございました。そしてSLやってくれたりか先輩、先輩とリーダー組めてほんとによかったです、ありがとうございました!!

終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください